協議会について

審査委員長挨拶

本制度の運用が開始された本年1月1日からわずか6ヶ月ですが、「あんしんショップ認定協議会」が主催する本認定制度へ既に5,400店を超える店舗にご参加をいただき感謝いたします。
代理店の経営者の皆さま及びショップで日夜働いておられるスタッフの皆さまに一言ご挨拶を申し上げます。

この認定制度は、消費者の苦情が一向に減らないと指摘されている中で、皆さまが働く携帯電話販売の代理店業界が初めて自主的に取り組むもので、お客様である消費者の方々へ、携帯ショップに働くすべての関係者の気持ちを強く、しっかりとお伝えいただくものです。
その意味で、このマークを店頭に掲出する意義は大変大きなものがあります。

また、このマークはドコモ、KDDI、ソフトバンクというキャリアの垣根を越えて、代理店業界として、共通の取り組みとして推進しており、全国津々浦々の携帯ショップの店頭に共通の認定マークが張り出されており、皆さまの取り組みがお客様にとって非常に解りやすいものになっております。

この認定マークはお客様の声をしっかり受け止めたうえで、常にお客様に寄り添う接客を心掛けることは勿論のこと、更にお客様からの理不尽な要求に対しては、キチンと対応する、不正契約などには決して加担しない、といったショップで働く皆さまの強い正義感の主張でもあります。

これらの精神をしっかりと認識して、携帯ショップが地域の人たちから頼られ、ICT社会の最先端を行く宣教師としての役割を担って、日々研鑽を重ねながらお仕事にまい進して頂きたいと願っております。

あんしんショップの益々のご発展とご清祥を祈念してご挨拶とさせていただきます。

あんしんショップ認定協議会
審査委員長

明治大学法学部教授
新美 育文