入会案内

入会のご案内

一般社団法人 全国携帯電話販売代理店協会(全携協)は、「消費者からの苦情を削減」することを主目的として私たち販売代理店12社が一致団結し、2014年12月に設立した団体です。

今、なぜ「苦情削減」に取り組まねばならないのでしょうか。

ご存知の通り、消費者センターや国民生活センターに消費者から寄せられる携帯電話サービスに関する苦情・相談件数は増加の一途を辿っている状態です。

一方、「日本再興戦略」のもと、2020年代に世界最高水準のICT立国を目指すわが国おいて、約16,000店舗、約12万人の販売スタッフを擁する私たち販売代理店業界は、日本全体のICT基盤のさらなる発展に向け、極めて重要な役割を担っていると申せましょう。

総務省をはじめとする行政ならびに通信キャリアと緊密な意思疎通を図りながら、公正かつ適正な販売の推進により、消費者の苦情を削減するとともに、豊かなICT社会実現のための重要なインフラとして立派に機能し責任を全うできるよう、皆さまと共に取り組んで参りたいと強く願う次第です。

ぜひ、入会をご検討いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

入会のメリット

全携協へ入会すれば、代理店一社では対応が困難なことでも、協会として数多くのことが実現できます。

  • 公式・非公式に総務省等、監督官庁をはじめとする行政機関との意見・情報交換が可能になります。
  • 各地域の消費者関連団体等との意見・情報交換が可能になります。
  • 協会として行政や関係団体の各種会合などに参画する機会が増えます。
  • 業界アナリスト、コンサルタント等から将来展望に基づく様々なアドバイスを得ることが可能になります。
  • 国内、海外の電気通信動向や消費者動向に関する最新の情報を収集することが可能になります。
  • 協会としての統一的な苦情削減対策を講じることが可能になります。
  • 会員間の交流を通じて、ビジネスチャンスとなる多様な情報交換が可能になります。
  • 協会のシンボルマークを使用することにより、公正・適正な販売を実施している代理店として高く評価されます。

入会基準

1. 会員の種類

正会員、賛助会員、特別会員の3種類があります。

このうち、正会員のみが一般法人法(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律)の社員として、総会での議決権を有します。

協会のシンボルマークは正会員、賛助会員が各種広告等に使用することができます。

2. 入会基準

<正会員>

以下の(1)から(10)の基準を満たすとともに、正会員2者の推薦状が必要となります。
なお、以下の基準を満たす場合でも、別途理事会にて入会を承認しない場合があります。その場合、承認しない理由の開示は行いません。

  • (1) 本協会の目的に賛同し、直接、登録電気通信事業者と携帯電話販売代理店契約を締結していること、及び実店舗を運営していること。
  • (2) 電気通信事業法をはじめとする各種関連法令、ガイドライン及び自主基準等を遵守していること、及び過去に行政指導や業務改善命令等を受けている場合、それに対し必要な是正措置が講じられていること。
  • (3) 本協会が定めた定款、倫理綱領、各種規程及び自主基準等を遵守すること。
  • (4) 本協会の基準に則った苦情収集活動が可能であり、積極的に協力できること。
  • (5) 本協会が要請するアンケート調査やデータの提供が可能であること。
  • (6) 本協会の名誉を毀損したり、本協会の目的に反する行為をしないこと。
  • (7) グループ会社を含めた取り扱い商品・サービス等が公序良俗に反しないこと。
  • (8) 過去3年以内に法令等に違反して刑罰を受けた者でないこと。また、役員等にこれらに該当する者がいないこと。
  • (9) 携帯電話販売代理店業界の信用を失墜させるような行為をした者でないこと。また、役員等にこれらに該当する者がいないこと。
  • (10) 反社会的勢力との関係を有していないこと。

<賛助会員>

賛助会員は、推薦状は必要ありません。
なお、以下の基準を満たす場合でも、別途理事会にて入会を承認しない場合があります。その場合、承認しない理由の開示は行いません。

  • (1) 本協会の目的に賛同し、事業に賛助する者であること。
  • (2) 電気通信事業法をはじめとする各種関連法令、ガイドライン及び自主基準等を遵守していること、及び過去に行政指導や業務改善命令等を受けている場合、それに対し必要な是正措置が講じられていること。
  • (3) 本協会が定めた定款、倫理綱領、各種規程及び自主基準等を遵守すること。
  • (4) 本協会の名誉を毀損したり、本協会の目的に反する行為をしないこと。
  • (5) グループ会社を含めた取り扱い商品・サービス等が公序良俗に反しないこと。
  • (6) 過去3年以内に法令等に違反して刑罰を受けた者でないこと。また、役員等にこれらに該当する者がいないこと。
  • (7) 携帯電話販売代理店業界の信用を失墜させるような行為をした者でないこと。また。役員等にこれらに該当する者がいないこと。
  • (8) 反社会的勢力との関係を有していないこと。

会費

申請時には費用は不要ですが、当協会の理事会において入会承認を受けた後に、所定の入会金及び会費の請求をいたします。

会費については、入会承認月を含め、当該年度末(3月)までの会費を一括して、当協会の指定する口座にお振込みください。

入会金、会費の入金確認及び誓約書のご提出をもって、会員としての資格が生じ、権利を行使することができます。

<入会金>

正会員 100,000円

賛助会員 50,000円

<会費>

  • (1) 正会員の会費は、当該会員の売上高(連結ベース)により以下に示す額とします。
  • (2) 売上高は前年度決算を基礎とします。
  • (3) 理事となる正会員にはその役職に応じて、別途役付加算額を請求いたします。
  • (4) 賛助会員の会費は口制とし、一口5,000円/月、最低二口(年額120,000円)からとなります。
年間総売上高 基本年会費 売上高加算 会費(年額)
1,000億円以上 240,000円 2,400,000円 2,640,000円
500億円以上1,000億円未満 240,000円 1,200,000円 1,440,000円
100億円以上500億円未満 240,000円 600,000円 840,000円
50億円以上100億円未満 240,000円 120,000円 360,000円
50億円未満 240,000円 240,000円

入会手続

1. 入会手続

入会審査は、原則として2ヵ月ごと、偶数月(4月・6月・8月・10月・12月・2月)に行っております。
所定の入会申込書にご記入のうえ必要書類を添付し、事務局へ審査月の前々月末までに提出してください。
(例:6月の入会審査を希望する場合は、4月末までに書類を提出)

<必要書類>

・入会申込書
・商業登記簿謄本
・決算報告書(前事業年度) ※ご提出いただけない場合は、本協会が別に定める様式に必要事項をご記入願います。
・会社経歴書 ※ご提出いただけない場合は、本協会が別に定める様式に必要事項をご記入願います。
・ショップ一覧
・誓約書(入会金、会費のお振込みと同時にご提出いただきます。)

2. 入会審査フロー

「入会審査フロー」をご参照ください。

3. 入会申込書

「入会申込書」をご参照ください。

入会審査フロー

  1. お申し出(電話、メール)
  2. 入会手続資料(申込書等)送付
  3. 入会申込書等の送付
  4. 予備審査(協会事務局)

    付帯条件があるときはご案内させていただきます。
    資料に不足がある場合は、追加の資料提出をお願いさせていただきます。
    必要なときは訪問させていただきます。

  5. 本審査(入会審査委員会)

    貴社代表取締役と本協会の入会審査委員会委員との面談をさせていただきます(正会員のみ、賛助会員はなし)。
    ※面談日時は入会申込書到着次第、協会窓口責任者のメールアドレスあてご連絡させていただきます。
    ※面談場所は本協会事務所とさせていただきます。
    ※面談時間は30分程度とさせていただきます。
    ※面談場所までの交通費・宿泊費等はご負担いただきます。

  6. 理事会承認

    承認、不承認の結果を書面にて通知させていただきます。

  7. 入会金・会費の請求

    理事会終了後、速やかに請求書をお送りさせていただきます。
    会費は承認月より請求させていただきます。

  8. 入会金・会費の納入

    請求書をお受け取り後、速やかにお支払いいただきますようお願いいたします。
    請求書発行後、指定期日(概ね1ヵ月後)までにご入金いただきますようお願いいたします。

  9. 会員として正式登録